スポンサーサイト

--/-- * --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4度目のチャーさんの日

10/08 * 2014
早いもので、チャーリー4度目の命日でした。

141016c.jpg

いつの間にやら、ライ坊もすっかり大人の風格。。
あの頃はな~んにも知らない(ような顔の)ガキんちょだったのにね。

141016a.jpg

今年はなんと皆既月食!!

月はいつも満ち欠けしているから、
日食よりも新鮮味がない気がしていましたが・・・

141016b.jpg

時間とともにぐんぐん欠けていく月を見るのは、なんだか新鮮でした。

月は太陽や星よりも、命や生の動きを感じます。

チャーさんの命日と重なったこともあり、
はやく寝かしつけてくれと泣く息子をよそに
去っていった命や新しい生命、漲る生のエネルギーのことなど、
しばし月を見ながら考えました。
スポンサーサイト

何から書いたらいいのやら…

11/14 * 2013
またひと月近く放置してしまいました。。

その間に坊ちゃんがズリバイしたと思ったらハイハイできちゃったり、
無事に生後6ヶ月を迎えたり、
初めてみんなで遠出してオフ会に参加したり、
母子で風邪をひいてみたり。

そんな激動の毎日を過ごしていたら・・・

131114a.jpg

息子、大地に立つ!

131114b.jpg

ちょっと遡って記事書きたいと思います。。

3回目のチャーさん記念日

10/09 * 2013
あの日から、もう3年も経ったのですね。

131009a.jpg

ライ坊は3歳としを重ね、
チャーさんと暮らした部屋を引越し、
新しく弟も増えたよ。

131009c.jpg

あの頃チャーさんのお世話に明け暮れていたように、
今は末っ子のお世話に奮闘してるよ。

だから昨日が10/8だって気が付かなかったことは大目に見てね。
朝、ステキなお花が届いて「あ、今日か」と( ̄∀ ̄;)

131009b.jpg

一緒に歩いたあのお散歩道は少し離れてしまったけど、
新しい街のお散歩道でもキンモクセイが香ります。

一年ぶりの甘いにおい。
チャーさんの思い出のにおい。

131009d.jpg

カラリとした空が高く、夜は早くきて朝ひんやり寒い。
温かいものが美味しくっていい匂いの秋は大好き。

大好きだけど、ちょっと切ない。

年末に思う

12/10 * 2012
いやはや、年の瀬ですね!

121210c.jpg

大掃除はまだ始めたばかりだし、年賀状の印刷もこれから。
やり残したことだらけの気もするし、
えぇい!このまま年を越しちゃえーな気分でもある。。

121210b.jpg

とりあえず・・・今年のうちに叶えたかった
飛行犬撮影の野望は儚くも散り

来年こそは飛んでるライ坊を激写するぞ!!
(↓唯一撮れた飛んでるボケボケライ坊。)

121210a.jpg

2012年も残り3週間。
楽しい年末年始を迎えるために、もうひとふんばりだーヽ(゚∀゚)ノ

なんとなく焦る

11/12 * 2012
前回の記事で「今年ももうあと2ヶ月」なんて書いたもんだから、
なんとなく私の中で年末ムードが高まってます。
(だからと言って何もしてないけど・・・)

121112a.jpg

天気がよかったので、年賀状用に写真撮影(リハーサル)

来年は巳年で(ってあんまり可愛くないし)あまりいい案も思いつかないので、
ライ坊の写真メインでいこうかと。。

121112b.jpg

自然でイキイキと、かつ可愛いのがいいんだけど。。
難しいですね

ボール咥えて、ってのもなんだし・・・
躍動感ありすぎても顔が怖いし・・・(´Д`;)

背景にも気を使うので、一筋縄ではいかないぞ!

121112c.jpg

結局、私に向かってくる笑顔が一番可愛かったりするんだけど(←親ばか)
果たしてあとひと月ばかりで、納得の一枚が撮れるのだろうか?!

とりあえず・・・
耳毛がガビガビになるので本番はボール抜きで走ってもらおうかな( ̄∀ ̄;)

ワンワンワン

11/01 * 2012
11月1日です。

121101a.jpg

ワン(1)ワン(1)ワン(1)で、犬の日らしいですよ。

1月11日ではダメだったのだろうか。。
11月11日ならワンワンワンワン・・・吠えすぎ?

むしろ1月1日でワンワンの方がらしいけどね?

121101b.jpg

今年もあと二ヶ月かぁ~

オチがありますた

10/11 * 2012
先日の記事でチャーさんが
「飼い主たちは飾るだけ」と言っていましたが・・・

121011a.jpg

なんとその夜、チャーリーをこよなく愛する方の飼い主が
大きな花束を抱えて帰ってきました(;゚∀゚)

121011b.jpg

ハイ。
飾るだけなのは私だけでした~

121011c.jpg

今日もキレイに咲いてます

丸2年と黄色いリボン

10/08 * 2012
121008a.jpg

チャーリーが遠い虹の橋へと旅立って、ちょうど2年です。

121008b.jpg

昨日ステキな秋色アレンジのお花が届きました。

こうしてチャーリーを思い出してくれるお友達がいること、
未だに昔のブログを訪れてチャーリーを知ってくれる方がいること、
本当にありがたいことです。

121008c.jpg

やはりこういう区切りの日が近付くと、
チャーリーが居た頃をあれこれ思い出すものです。

そんな中、みむかさんのブログでステキな情報を知りました。

yellowdog.jpg

そっとしておいてほしいワンちゃんに黄色いリボンをつけるんですって。

チャーリーは他のワンちゃんを嫌がったりはあまりしませんでしたが、
足の不自由なチャーリーを連れている私自身
そっとしてほしい時は多々ありました( ̄∀ ̄;)

すごく簡単なことだし、広まってくれるといいな♪と思います。
楽しいお散歩タイム。
シニアでも気難しいコも病気のコも、気持ちよく過ごしたいものね!

何より、チャーリーは黄色がよく似合ったのです(*´艸`)

121008d.jpg

今年はもうしんみりしないよ!

スヌード奥義

07/22 * 2012
ライ坊はスヌード苦手派なのかと思ってました。

このNEWスヌードに出会うまでは・・・

120722a.jpg

普段ごはん・おやつ・ボール時などにスヌード装着しますが、
終わると(自ら)すぐ外しちゃうんだよね。

120722b.jpg

↑が今使ってるスヌード達なのですが、
【外あそび用】と【おニュー】だけは何故か嫌がらない!

なんでかな~?

120722c.jpg

今までは気にしてなかったけど、
【外あそび用】は生地もゴムもとっても柔らかいんです。

で、【おニュー】を着けてみて思ったのも「やわらかいなぁ~♪」でした。

スヌード嫌いじゃなくて、もしやキツかった??

120722d.jpg

さっそく他のスヌードも、
ゴムが足りないのは伸ばしたて、堅いゴムは柔らかいものに代えてみました。
(長さは30cmくらいがベストかな~)

前より不快感が減ったみたいヽ(゚∀゚)ノヤッタ

いやはや、たかがスヌードとはいえテキトーではいけませんな。
奥が深いです。。

120722e.jpg

とはいえ、このスヌードがとってもお気に入りのお坊ちゃん。
なんてったって名前入りだもんねー

120722f.jpg

only wanスヌード、私にしては奮発して買った甲斐あったよー(ノ∀`*)

内緒ばなし

05/29 * 2012
犬と話せるようになるCDブック
すこし前に発売された本ですが、当初は犬ブログ界隈でも結構話題になっていましたね。

なんとなーく、今さらながら気になったので買ってみました。

120529a.jpg

私はわりと、スピリチュアル系肯定派なので「怪しい」とは思いませんよ
(ちなみにポーさんは真逆タイプ。)

うまくいかなくても、¥1300だし( ̄∀ ̄)まぁいいじゃん♪

120529b.jpg

本によると、人には利き手のように“利き感覚”というのがあるらしいです。

大きくわけて「視覚イメージ」「聴覚イメージ」「感覚イメージ」の3タイプで、
どうやら私は「感覚派」らしい(詳しくは本読んでね)

視覚・聴覚イメージは、そのまんま。
見た目or言葉で伝わってくるので、分かりやすい気がする。

「感覚イメージ」でどうやって会話するのかな・・・?

120529c.jpg

まぁ、ともあれやってみましょーヽ(゚∀゚)ノ


ライ坊って、ものすごく甘えん坊だしひっつき虫だから、
てっきり「ポ~コ~」って感じの甘々くんかと思いきや・・・

意外とクールでした∑(゚Д゚ノ)ノ

あくまでも「感覚イメージ」なんで、言葉がぶっきら棒なわけじゃないんだけど。。
「えへへへ~♥オイラ、ヤギミルクが好きなんだ~」
って感じじゃなくて、
「あー、あの白い飲み物は旨いね!」
って感じ?

まぁなんとな~~~く“そんな気がする”だけで、
はっきりと会話できた!って感じではなかったのですが。。

120529d.jpg

ずーっと聞いてみたかったのは、チャーリーのこと。
どんな風に見てたのかな?とか、
好きだったのかな?とかも、知りたかった。
なんなら“またワンコと一緒に暮らしたいか”とかも。。

まず「チャーリーのこと、覚えてる?」って聞いてみました。

120529e.jpg

それまでの質問とは全然違って・・・
ぶわーーっっと、強烈な悲しみに覆われたんです。

涙がダラダラ出てきて、とにかく悲しい。
もうちょっと深く感じてみたら、

「ある日突然いなくなってしまった」
「帰ってくる帰ってくると思っていたのに、結局帰ってこなかった」
「もう帰ってこないとわかったときは、本当にガッカリした」

こんな感じがどんどん伝わってきて、また涙。
結局それ以上なにも聞けませんでした。

120529f.jpg

チャーリーが亡くなったとき。
自分自身が寂しさに飲み込まれないようにするのに必死で、
ライ坊にちゃんと説明することができなかった。

しっかり説明するべきだったんです。。
「死」なんて、ちっちゃなライ坊が理解できるわけなかったのにね・・・

120529g.jpg

とまぁ、なかなか興味深いライ坊との初対話となりました。

訓練すると“感覚”もどんどん強化されるらしいので、
また気が向いたらおしゃべりしてみようかな。

興味がある方は、一度試してみてはどうでしょう?
ポーコの頭ん中

更新したのね
コメントうれしいな
テーマごとに分かれてます
要チェックだよ
は親戚さん
Powered By 画RSS
過去のお話はここから
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
上に移動するよ
メールくださいな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。